BACKBACK

廣瀬芽実さん

OVERLAP. ケールの王様(サラダ専門店)

廣瀬芽実さん

OVERLAP. ケールの王様(サラダ専門店)

JOURNAL MAR. 19. 2021

SHARE

ケールやエコバンブー容器など、人や環境に優しいoverlap、ケールの王様をやられていますが、きっかけを教えてください。

元々大きなアパレル企業にいて大量生産・大量消費、そして残念ながら大量に出てしまう廃棄を何とかしたいというジレンマを抱えていました。退職後はもう少しだけでも生産者やお客様と近くて丁寧な関係を築きたかったし、プラスチックゴミをなるべく減らすアクションに取り組みたかったので、こういった意思が反映でき、かつお客様との会話も生まれる小さなお店はやりやすいです。

エコバンブー容器について詳しく教えてください。

サラダのテイクアウトはどうしても使い捨てプラスチック容器になりがちです。大きな要因はコスト。圧倒的にプラが安い。コロナ禍でテイクアウトやデリバリー需要がますます高まる中で、プラゴミの増加はこれまで以上に深刻です。今は代用として、成長が早く、農薬や化学肥料が使われずに自生している竹を使った、生成分解のエコバンブー容器をオプションで導入してますが、リユーザブルな容器で運営していけたらベストです。常連さんの中には持参されたランチボックスに詰めて、という方もいますよ!

ケールについて詳しく教えてください。

日本ではまだあまり馴染みのなく、青汁の印象で苦いと思われがちな葉野菜ですが、ケールはβカロテン・ビタミンが豊富。カルシウムは牛乳の2倍。鉄分・葉酸・マグネシウムも摂取できるんです!「ケールの王様」では季節によって農家さんが変わり、サマーシーズンは長野の岡忠農園さん、ウィンターシーズンは茨城県のフレベジ農園さんから、新鮮で元気が詰まった減農薬ケールが届きます。

廣瀬さんにとってのマインドフルネスやメンタルヘルスとは?

毎日違う自分自身を理解し受け止め、時に甘やかしながら愛することです。会社勤めしていた頃はどれだけお客様に喜んで頂けるかというのを自己犠牲の上に成り立たせてしまっていた気がします。そうではなく、私もハッピーだし、みんなもハッピーだよね!という幸せの連鎖で繋げていけたら良いですね。

女性として生まれて幸せ!と感じたことを教えてください。

毎日感じてます。生まれ変わっても女性になりたいし、生理の時だって「男性は良いよね」、と思ったことはないです。でも知識が増えれば増えるほど、男女格差を感じて絶望するし、何とも思っていなかった些細な経験すら性差別に起因することだったと気付いてしまい、改めて傷付いたりします。これは老若男女問わず意識改革していくべき課題で、近い将来はどんなジェンダーやセクシュアリティであろうと格差を感じることなく、無意識の差別が行われない世界になることを願って日々勉強してます。


マロウブルーをどのように感じていただけましたか?

ヘルシーなひとに寄り添う服、という印象です。
肩の力を抜いて、自分自身の幸せの先に、周りの皆の幸せを描ける、自分に満足しながらも向上心は保っているような人たちが、自身の満足感のためにおしゃれできたら素敵ですね!

love!

OVERLAP
東京都渋谷区富ケ谷2丁目20-1
TEL:03 6407 0909
http://overlap-tokyo.com

@overlap.tokyo
https://www.instagram.com/overlap.tokyo/?igshid=15okz1csx7cso

@king_kale_salad
https://www.instagram.com/king_kale_salad/?igshid=1uxkibunn50cp

@memmmiii
https://www.instagram.com/memmmiii/?igshid=1x6b8z1zlf7ti